FC2ブログ

合流攻撃での注意

1) 手動の場合
「時間が近すぎると、あたふたして合流攻撃に乗れない」ことがあります。
ですので、余裕をもって合流攻撃したほうが無難です。
自分の時間が08:50なのに、起点の人が09:00だった場合、10秒しか猶予がないことになります。
そういった時は可能であれば、自分がもっと早くするか(槍から馬などに変えたり)
起点の人がもっと遅くするか(足軽などに変えたり)のどちらかを行いましょう。
(慣れた者同士なら10秒でも行けますが、始めはもう少し余裕が欲しい。)
それか、自動合流を利用しましょう。 (この方法が普通ですが)
 
2)
起点となっている人の陣が敵から攻撃されて落ちた場合
これは、次に時間が遅い人が起点となり、合流攻撃はそのまま続行できます。
ただ、その人1人減ってしまいますけどね。

起点の陣が落とされても、合流攻撃は残ります。

乗っている人も出発した陣が落とされると強制退去させられて本領か出城に帰ります。
その場合でも、一人減ってしまいます。
これを防ぐ為には、敵の陣や領地などから離れた場所、複数の陣を持つなど作戦を練りましょう。

出城や領地など、陥落しても座標が無くならない拠点は攻撃は続きます。
陣の場合は無くなると、その座標が敵の物になってしまいます。
それで、所属地点が無くなり、攻撃から強制退去となります。

3)
合流数の確認ですが、出陣状況で、合流とあります。普段は「-」となってますが、誰かが合流していると
1~9まで数が増えます。9が最高です。本人はカウントされないので
1人+9人で、10合流というわけですね。

4)
弱い部隊で参加すると、被害を思いっきりくらいます。
これを「避雷針」と呼びます。
兵に余裕がある時はよりレベルの高い兵を選んでください。
そして、一人でも多く乗せるのが賢明です。
勝っても負けても、守る側に兵が居ると両方とも兵を失います。
(兵1での勝利を除く)

その時の損害は「より弱い所に、より多く」でます。
序盤は兵を減らしがちな人も多いですが、より多く乗せるのがコツです。

また、同じ部隊内でも避雷針効果はあるので、
高価な兵は一人でも多い方が賢明です。
1兵でも多く載せられる、高ランク武将や、天、極など指揮数の多い武将に高価な兵を。
指揮数の少ない武将ほど、被害が多くなるので安価な兵を載せます。

なんとなくわかりましたでしょうか?
文章にすると、何が何やらちんぷんかんぷんですが、一度やるとコツをつかめると思います。
ちなみに、合流攻撃は乗れなかったり、間違えて単独で攻撃したりなど失敗も多いです。
失敗しても死ぬわけじゃありません。
ですので、失敗を恐れず、気にせずに次の合流攻撃にも参加してください。

慣れている人程、経験の多い人ほど、エラーは気にしません。
合流攻撃は楽しいですし、リスクは少ないので本当におすすめです。

もちろん相手の防御力がすごければ被害をこうむりますけどね。
 (それでも、参加者が多い方が被害は減る!)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ixa4u

Author:ixa4u
IXA好きで、お節介焼き
★★★ ホームに ★★★

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR